人気のある自毛植毛は腕のいい医師を探して施術を受けよう

自毛植毛

自毛植毛は優れた医師に依頼する

自毛植毛で髪を移植した後は、髪が拒否反応を示して炎症を起こすことがあります。また、自毛植毛において拒否反応は、後遺症として心配されることが多い症状とされます。人工毛の移植の際には、体の免疫機能が異物と判断することにより、拒否反応を起こすという後遺症が存在しています。とはいえ、自毛植毛は自分の髪を移植する形になるので、頭皮環境に関わらず拒否反応のような後遺症は起こらないとされます。なぜなら、自毛植毛は他の人のドナーを採取することがない上に、自分のドナーを採取して薄毛部分に移植するためです。
他にも、自毛植毛を行うと、採取したドナーを移植する時に通常よりも深く押し込む際に、後遺症として頭皮が凹むことがあります。けれども、経験と技術に優れた医師のいるクリニックならば、植毛しても頭皮が凹むという後遺症に困らされることはありません。また、植毛した後の傷跡も、適切な処置とアフターケアを施すクリニックならば、傷跡が目立ちません。FUE法と呼ばれる医師の手で行われる後頭部から毛包をくり抜く植毛方法なら、FUT法の切り取る方法よりも傷跡は目立たなくなります。後遺症が起こるとされる自毛植毛は、植毛した髪が拒否反応を起こすことは自毛植毛では起こらない症状となります。また、頭皮が凹んだり傷跡が目立つという後遺症も、腕と技術に優れている医師の施術を受ければ、これらの後遺症に悩まされることはありません。

コンテンツ一覧